« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013.05.23

これはやっぱり呪いなんだきっと

私のなかにすずがいる
私を不安定にするのはすずだけど

私を成り立たせたのもすずだ

いまも
無視することできたはずなのに
やっぱり忘れられない

忘れられないのは
時や人ではなくて
どうしても自分
らしい。どうやら

人間、いろんな自分をもってる
たぶんそう

その中のひとつはすずだった
私が人生を歩むなかで手に入れた

そのせいで失うものもあったけど
それでも忘れられないから

もうだから絶対共存したい
そう思って何年も突き動かされてきた
無意識だっただけ

私のなかで
あおくんときいろちゃん

どうして誰にも語れないんだろう
こんなだいじなこと

私を構成する大事なもの

私にデメリットも与えてるから
かなぁきっと

すずは私が成り立つための
諸刃の剣

でもねすぐそんなの忘れると思ってた
今でも思ってる
だから語らない

忘れることができても
一度味わったものは思い出す
私を不幸にして幸せにする

初恋みたいなもので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.15

素直になりすぎては生きていけないとおもう

努力は報われると信じてたら空回りする
努力で解決しないこともあるって考えだと腐る

無邪気に人生を歩んでいるうちに
みんな悩んだり傷ついたりして
いろんなバリアはっていってるとおもう

良くないことしたり言ったりするようになる
誰でもそうなる きっと

同じようにずるいことしても、
悪い人って思われるときと
好い人って思われるときがある。

みんなに好かれることは不可能だ
取り返しのつかないこともあるだろうし

周りがバカだといっても私には素敵に見える人もいる
周りが素敵だといっても私にはそう思えない人もいる

会話が噛み合わなくても
どこか信用できる人もいる

自分の価値は自分にあるけど
まずは他人にあったりする。

いわゆる視野を広げることは
世界を狭めることだったりする

分かるようになることは、
分からないようになることだと思う。

みんな眠れる獅子?

でもいつか素直になれたらいいな
なんでもいいから、
そのときがくるといいな。

本当はすぐにでも、
帰ってしまいたい気持ちもある
でもそれを実行に写すかどうかは、
素直とか答えとかじゃない

とか思った

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.03

土地には、その土地での想いがある

私は大学に進んだとき、
悩んだら実家に帰って
原点に立ち返ったりした

特急列車に乗ってるあいだ
卒業間近は新幹線だったけど
あとは、バイクに乗ってるあいだ
その時に思うことが
一番の関心事だったり
本当の気持ちだったりした

興味ないふりしても、
なぜか土地には嘘つけない

動揺したり、浮わついたり
存在する場所で自分が変わる気がした

周りにいる人が違ったから。

だから同郷の人と会うことは嬉しい

私は長休みには実家に帰りたくなる
なんでだろ?

自分に嘘つけなくなる

ここが今私の場所ではないけど、
それでいてホームであることがよくわかる

こういうとき
ほんとの気持ちなんか忘れてしまえとも思う

楽な方でいきたいって

でもそんなはずないよ
ずっときづかないふりなんか無理

今の自分の姿見えてる、わかってる

何が本当かもわかってる つもり

今、仕事が楽しい
仕事そのものじゃなくて、、、難しいけど
この気持ち台無しにしてもいい人は、いないよ
そんでやっぱ、会いたい人には、会いたいって言うべき!
考えなきゃ、、、もっと

要不要じゃなくて、
ちゃんと思いやりもって
いろんなこと考えなきゃ

わたしもっと、新しくいたいはず
呪いから解かれたいんだもん
裏とか、表じゃないんだよ

現実で起きたことって、
ぜんぶ現実なのかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.01

26のよる、
夢を見た。
だれもかれもが、そこにいて
思いがけないことも、あった

とても自分の気持ちに素直なのね
私をなまえで呼んでくれないって、
でも頬を赤らめた。
当の本人はあのころと同じ、
でも本当はどうなんだろうと思った。
おなじく、私のときは、
どうだったんだろうと思った。

夢のなかはまるで現実で、
すごく動揺した。
でも、それだけじゃなかったりして

わたしは素直ではないから。

でも話せないよね
視線もコントロールできないし

自信ないよ。

私のこと、
たぶんずっとわからないんだと思う

決めた決意は脆くて
決意ですらなかったです

自分が大切すぎる
傷つかない方に、傷つかない方に
いこうとしてる。
アホになる一方です

どこで決着をつけるかってはなし

四択を、二秒ごとに迷う
模試のような感覚

これじゃ明日何するかすらも決められないね
ごめんね。

もうそろそろなのかな?
答えあわせしてもらいたいんだけど
空白で提出してもいいのかな

お迎えがないなら、
このままここに慣れるまで。
元々、片道だったのかもね

一年前のことを思い出した、
去年のGWは帰省しなかった、

今まで帰省したら、離れたら大きくなってた気持ちが、
今ではいつも小さくなる
思い出すことも、違う

何かもう
一年間も
私は二人おる

いつも胸が苦しくなるよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »