« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012.11.05

両親が東京にきた
ここに引っ越してきてからは初めて

日月で来たから一緒にとまりもできなかったし
ゆっくりしてもらえなかったけど
ご飯はいいとこつれてけた気がする
よかったな

別れ際またお母さんは
今すぐにでも泣きそうな
何か危うい笑顔だったけど
言葉をかけたら私も泣いてしまいそうで我慢した

こーやって思い返すだけでダメだ
帰ってあげたい帰りたいって気持ちはたくさんある

でも人生は短いって言ってくれた
私今頑張りたいことできたから
頑張ってみたいんだよね
それからまた考える

離れてても家族はずっと味方だし
ほんとうにだいすき

離れることは辛くて寂しいけど
頑張ってることわかってもらえれば
少しは安心して喜んでくれるよね?

特別な話し相手を失ったきもちは
お母さんはすべてわかってくれて
母親はすごいと思った

この先私の気持ちや
まわりがどうなっても
なるようになるよね。
こーゆーとこお母さんににてる

運命と言うか必然と言うか
縁に任せてるとこ

でも少なくとも私は最近
めちゃくちゃに楽しい
オンもオフも
まだまだだけど
すごい楽しいって
言ったらお母さんは心から安心したみたいだった

就職した頃くらいから実家はお金に困ってる感じがしてた
しごとが少ないのかな?って私は
一人心配してたんだよね

バイクを一台売ったり
車のクラスを一台落としたり

そしたらしごとじゃなくて裁判してたんだって
もう終わったから新しいバイク買うんだって

裁判してるのかなってほんとはちょっと思ってたから
なーんだよかったって
一人で心配してたけど少し思い過ごしだったねって思って

お母さんは黙ってたことに気づかれてたこと少し驚いてたけど
お父さんは笑ってた

不思議ね私もそうだけど
離れてても色々気づいたりするんだよね
たまに会って少し話すだけで
大切なひとってそういうことよ

会いたいひとにたくさん会お
遠いひとも忙しいひともいるけど
後悔したりしたくないし

喜んだり悲しんだり
私ができることをしたいなぁ

不思議だけどそんな気持ち

会えないひともたくさんいるけど
たくさんのことを想おう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.03

いいことで日記が盛り上がることなんて滅多にないって
ほんとその通りだ
どうしてだろうね?

また昨夜も夢に見たんだ
たぶん、
会いたくてたまらない私がいる

私はこの生活捨てられない
戻る勇気ない
もう使い果たしたんだもん
だから私はこうした。

でも近い将来また私は
後悔を消化できずに
自分勝手なこと言い出すんだろうな
目に見えてる

けどまたきっとすれちがって
一緒にはなれない
ちゃんとそうなってる。

かなしいけどそれがただしい

そんなもわなんじゃないかな?って
納得するしかないでしょ?
正直もうわけわからん
やりきれないね。

でもいつかどうでもよくなる?

忘れるのもこわいけど
忘れられなかったらどうしよう

ほんとうにつらかったこともたのしかったから

私はありのままの自分を出せないままではあったけど

そうだね
だから私は今のこのままを選んだんだよね
私はどちらかと言うと今がありのまま
はしゃぐのだって大好きで
好きなこと話したい
おそれずに気を遣わずに
思いやることはあっても

でもその楽しさがなくてもいい
そんな素晴らしさがあったんだよ

今それがなくて私は不安
表ばっかじゃつまんない

でもそーだな
私の人生に必要なひとなら
またいつかどこかで会えることになる
その必然にまかせようって

私は人運を高めるべく
がんばるしかないんだよ ね

私今楽しいよ
この仕事の楽しさを私のメンターは知ってる
ほんと、腐っちゃ敗けだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »