« 2012年3月 | トップページ | 2012年10月 »

2012.09.28

こんな生き恥晒して
もうすっかり自分が嫌だよ

自分の弱さにも向き合えない
自分のこと嫌いになったのは久しぶりだ
いつもは一瞬嫌気がさしても、
自分の選択に自信が持てたよ

何も嘘なんかついてないんだよ。
軽い気持ちで行動したりしてない。

そんなつもりになってたのかな

もっと私が強くて、
彼を支え続けてあげられたら
一番よかった。

それができないってわかったとき、
できませんって降参するのが
ほんとうに正しかった?

私の心には後悔が残って、

単純に現実にかえりたかったんだよ
無理のない生活を。

そしたらなんでこんなことになったんだろう?
どこかで私が不誠実だった?
きっと何かさぼったんだ。

私の想像以上に後悔は多く残って
さばききれない

きっと明日東京に帰ったら
また私はこの気持ちを忘れて
ふとしたときにおもいだす?

忘れたらそれは楽だけど
このままだったらどうしようか

人畜無害でありたかった

なんの価値も見いだされなくていいからさ

別に今さら何を願ってるわけでもなくて
自分が恥ずかしいよ
ただ穴があったら入って
そのまま誰とも会わずにいたいなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.27

もう誰にも

そろそろ言えなくなる私の心のなか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性は、

愛するより愛された方が幸せ?

私は、二番目に好きな人と
例えば一年後にほんとうに
結婚したとして後悔しませんか?

後悔させないでほしいと
何度もいってるのは
不誠実ですか?

私が嘘つきだから…
嘘をつかれるのをおそれてる?

あのとき、
二年後にもう一度
その言葉をいってほしいと言った

そして私は人の優しさに逃げたんです

また自分に呪いをかけたんだよ
早く二年間が過ぎ去ってほしいって
最近そんなことばっか考えてるもんね

二年後なんてそれこそ
私はきっとこのままだったら
もう後戻りできない

本当は今すぐにでも会いたい!

なんでだろうね。

でも、このまま幸せになりたい

縁がなかったんだもん
ずっと思ってたことだよ
縁があったら結婚したいって
でもきっと縁がなかったんだ

ほんとは
縁がなくても
縁を作るくらい
きっと私は仕事をやめて
尻尾降って九州帰ってたかな

それはもうわからない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.14

結婚が

こわい。

と思うのはなぜ?

現実的になりすぎたから?

急にこのブログに
頼ったのはなぜ?

私は今日何となく
社会人としての自覚を
持った気がした。
ほんの少しだけね。

あとは、
いままたなにか大きな転換点が
ここにやってきているから
な、気がする。

私本当に
人生を見つめ直さなきゃいけない

いつまでもやりたいように
やるわけにはいかなくて

だっていまでも夢に見る
知ってたんだよ
後悔することは
分かってたんだよ
正しい選択だと思ってるよ
なにもかも間に合わない
どうしてこう噛み合わない
でも私はいまでも夢に見るよ

もっとうまくやれるように
もっと頑張りたかったよ

私きっとこのままじゃ
いつまでも
彼と結婚したかったなぁ
と思い続ける

それはそれでまた
幸せなことかもかなぁ

とても幸せな日々のあとは
目まぐるしいみたいに楽しい日々

ねえなにかごまかしてない?私

色んなことを忘れて脱ぎ捨てて
呪いも全部見ないふり

去年までずっとこだわってた
私の頭の中の夢は
結局夢のままで終わる

引き戻された現実は
私が引き戻して欲しいと
祈ったそれとは違う
普通の普通の現実で

私が一生をかけて
手に入れたかった対話は
結局断片的な入手で終わった。

私、自分に誓うかもしれない
それでもいいとおもうから、
私はいま足がすくんでる

認めたくないこのほんの少しの気持ち
私にいつまでも切ない幸せをくれる
最悪の敵だ

結婚を怖く感じるのは
多分このせいだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年10月 »