« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012.01.06

あ段にちょっときゅんときたりする

好きって気持ちは感情で
愛することは意思

恋人ごっこも
そう思ってる限りごっこ

だって子供ごっこをしながら
大人ごっこができちゃう

夢をそう思ってるうちは
ずうっとそうみたいに

これが見失うための方法

本当に存在した蜃気楼

やりきれなくて
引き裂かれるような
燃えたぎるような辛さ
もうないその理由って
私を強くして弱くした

同じ失敗を繰り返してるようで
実は成功を重ねてたりする

だからすぐ悲しいことが起きたっておかしくないけど
だからこそリスクをおかせたりして。

ずっと一人で歌ってきたようで
本当はかなえたいことがあるんでしょ
自分を認めてくれる人
自分だけで十分?

ほんとに?
それで満足なんだ?

まぁいいんだ
結局その問いかけに疑問を感じても
自分の今の行動に
これからもずっと納得ができるなら

私はずっとそれだけを
考えてるつもり
分かんないときは
分かんないまま頑張ってる

理屈通ってる?
通ってないかもなぁ

色んなことを無視すれば
喉から手が出るほど
必要なふうにおもった

この考えはそこそこ
今後も納得いくものかなぁって

けど近い手段を取ろうとしているのは
なりゆきというよりも
何かほかに見落としてるものがある気がする

どっか別のとこで
考えが先走ってるのかもしれない

だから不安

もっと自分は凡人だって気づけば?
確かに評価したよ
けどそのままだとちょっとね
もちろん気づいてはいるんだろうけど

私は幸せな凡人だと気付けって言われた。
ここでいう凡人は残念な方じゃない
安全で幸せな範疇の凡人
残念ながら、危険で不幸なエリアにいても
それを誇りに思う幸せな変人もいる
けど、それを踏まえたうえで
幸せな凡人だと気付けって言われた。

色んな理由があると思う
なにより自分があるべき位置があるって

そうじゃなくてもいいんだろうけど
逆らうんじゃなくて
ちょっと揺れたりするだけでいいんだろうなぁ

みんな自分のものじゃない世界を
羨ましがりながらののしって下に見てる
自分と自分のある世界に満足してるくせに
ときどき嫌になりかけて他の世界をのぞいて
やっぱり見ないふりしたり見つめたり

みんなそうなんだもん

やっぱり私は
誰しもが普通で幸せで不幸で普通じゃないって

結局私にしたその意見だって
色眼鏡だったのよ

だけどそれは結局
一人で歌っていなかったからこそ
起きた起こせたミス

もっと自分が凡人だって気づくべきだと
私は思うよ

多分まずそこからでしょ

期待してるね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »