« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011.07.31

かまとと

私は素直なふりして
ほんとはすごく疑い深いのかな

あんまり誰の事も信じてない
少しだけ いま そう思った

だから誰とでもすぐ仲良くなろうとして
一定距離以上は歩み寄れない
そんなことしてたのかな?私

愚直な振りって
やさしさ
というか
強さかなぁ

信じてない自分誤魔化す
つよさかな

それを賢いからだとか
敵を作らないための
世渡り上手とか処世術とか
ものづくりの精神
もってうまれたとか
ほら 何でも覚えてる

甘いんだよな

器が大きいとか
そういわれるけど
それはほんとのほんとに?

私のストイックさって


私に欠けてるのは
負けん気とか
忍耐力とか
なのに

だから臆したりするんでしょ
怖がってるわけじゃないよ
気後れか躊躇か
ひるんでる…わかるでしょ

私迷惑かけたのかな?
まっとうなことをまっとうじゃないところに投げ込めば
それはまっとうじゃない?
悪気がなければ悪ではない?

私はそんな考えしてこなかったよ

ほんとは何を信じてる?
自分のはずなんだけど
それは、わかってるんだけどw

疑ってる自分
信じられるかな

あーあ
大丈夫かなぁ
心配

そのきっかけが私だったならば
謝るべきかも

とにかくいま
大丈夫かな

わかったふりされたくないかもしれないけど
すこしだけ 分かると思っちゃうから

成長は進化じゃないでしょ
でも経験不足
ならば子供って言葉が似合っても
そこは致し方ないや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.30

雀がいない

昨日は父の誕生日。
4人揃ってご飯を食べに行くことになった

その前に姉と2人でお買い物へ。
以前は2人きりだとけんかしたり
というか、怒られたり?

姉とは性質が全く違うから
そんなだったけど

でももうそんなことない

7つの年の差は
本当は縮まることないけど
少しずつ狭まってるように感じる

それだけじゃなくて
私の生きたいお店も言えるようになって
急にお姉ちゃんどっか行っちゃったってこともなくなった。

人間は変わったり成長するけど
それって本当に不思議な擬態

本当はどこが変わっているんだろ

久しぶりに父から私の性格の話が出たり
その認識の差は同じ家族だったってあったりする

家の中と外では立ち位置や印象がまるっきり変わる私だけど
でもそれもだんだん理解できてきた。

8時か、9時ごろからか、
少しだけ胸騒ぎがした。

そしてやっぱり案の定

タイミングや察しの良さだけは
時々尋常じゃない
自信があるんだよ

それは超能力なんかじゃなくて

感受性が強いんだよ
って、いわれた。

こういうとき言葉という概念そのものが
語弊という存在だと思うけど

いいたいことわかる。

いいたいことわかる、って
最近じゃすっかり私の口癖だな

諦めから
私に蛾は殺せない
それが自信の塊なら
尚更

息を止めるのは私
それが葉っぱまでだとしたって

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.29

高頻度

さっき
久しぶりの人から電話が来た。
数年ぶりくらい・・・?

まぁ相変わらずな変な話し方だったし
すごくリズムが取りづらかったけど

不思議だね
きっと向こうも同じこと思ってるんだろうけど
多分お互いに楽しく思えてるんだよね

一番印象的だったのは
話し方が軽やか?まろやか?になったねーって。

跳ねるような話し方だったけど
落ち着きがすこーしまざって
まろやかになったって。

私も大人っぽくなったのかもーと
ちょっと喜んでたら

声色は変わらないねって言われた。

えっ。

やっぱり話し方が子供っぽいのは
コンプレックスだな

私ほとんどのコミュニティで
大人っぽい扱いされがち
特に同世代の女の子とか。
見た目のせいもあるのかな

それはうれしいんだけど、
私は結局末っ子だなぁと思う

やっぱり実家では
親3人の子供みたいだし、

うちに遊びに来た友達は
私の変貌ぶりに驚いたり。

社会人になったらどうなるのかなぁ

あんまり先輩に好かれたり
後輩の面倒見がいいほうでは
ないかもしれないけど・・・

まぁそれは
そういうコミュニティにいたことがないからかな・・

明日は5時起きで大阪 で
あわてて福岡に帰れば
ゼミ5限にはまにあう かな?
卒論トイレの話とか申し訳なさすぎるけど

色んな問題が重なる日々だけど
結構丁寧に済ませてるかも
ひとつずつ

こんなだけど
風通しはいい よ

卒論報告準備終った!
ねる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.28

目が覚めて
spモードメールが自動更新されてた。
手動のはずだったんだけどなと思ったら
もう中身がめちゃくちゃ。

てんやわんやで結局全部消えた。
これ私のミスなんだけどね。
ねぼけってこわい。

バックアップ、spモードメールの中身までは行ってなかった。
あぁ死にたいw

レビューとか祭状態ですよ。
まぁいつもなんだけどね
でもそれ以上

でもこんなこともいつかどうでもよくなるわけ。
ただこのショックをどこにぶつければいいかわかりません。
つらい・・・

というか、これが
正のきっかけになるか
負のきっかけになるかだなと思った。

逆玉手箱は実態まで消えかけてる。
向き合ってくれない人形。

ただ昨夜は、ちょっと言葉が通じたと思った。
なんか久しぶりにそう思えた
多分それは私がその前にやっと体当たりしたから。

あのときは無意識にしてたこと・・・
その存在によって、私は一定の存在意義を
意地でもずらそうとしなかった。
それは、誤魔化してただけだったってこと。

そしてその誤魔化してる裏では、
ずっと待ってたってこと。
ただ、軽口に乗っかってるだけかもしれない
その思いが取れなかったこと。

こんなに率直に伝えたのは久しぶりかも。

すっきりしたわけじゃないけど
少しだけ満足した。

それは現状の事実を
向こうもしっかりと
文面にしてくれたから。

でも
覚えてたんだねやっぱり
いろいろ

嘘じゃなかったって
初めて少しだけ信じた
無念さだってあったんだ

真実味を増して
私は
神戸の港へ
ペリカン万年筆を探しに
潜りにいったっていい

ちょっと恥ずかしかった
そんなじぶん

あたしはやっぱ
牛になっちゃったのかな

もう いい

つらすぎて

誰かに頼りたいと思う自分と
そんなことは無駄とわかっていて
ほんとはこわいだけの自分

思い出は共有できないことは
じゅうぶん
じゅうぶんわかってる

けど

だれかたすけてほしいけど
幻想はたすけられない

それも
しってる

引き裂かれたもの
何かわからないけど
今夜は耐えよう
じっとうずくまって

生きられるかな

もしかしたらもう幻想は
死んでしまうかもしれない

封印でなくて
じっと息を止めて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.27

ばたーる

今日は少しだけ特別な夜だった
切ないことがあったからこそ

いつもならもう前屈してねてる時間に

私はいつも後ろ歩き
いつの間にか歩幅揃ってるかなぁ

君だけはいつまでもこんな感じだといいな
こんな存在私はぼろぼろと失ってる
ほんとにあほだよねぇ

ほんとはつらい
後頭部殴られたようなショックだった
でももうずっと小突かれ続けてた気もするから
ちょっと麻痺してた気もするし
色んな人に撫でてもらった気もするから
大丈夫
多分本当につらいのはこれからだし

正しい道を選ぶんじゃなくて
選んだ道を正しくしたい。

辛くても
それが根を張って
いつか芽を出すといい。

健全とか安全圏内とか
もう いいよね

私しばらく封印。

人に思い出を託すの
やめることできてないけど
ま やめたつもりで

私は多分力になれると思うんだよね
また思い上がりかもしれないけど
私だって挫折くらいあるんだから。

そして寡黙になった
その言葉たちは
絶対私が呼び水になる。

そのために
前屈は封印しないからね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.25

逆さ吊り

2時台に起きてることに驚く日が来た

いつも前屈してる

悲しいほどにけなげでしょ

柔軟性ってなんですか

眠くても私に話してよ

距離感つかめなかった

またいろいろ間違った

堂々と反省してる

正々堂々

ほんとにそれっていいことですか

だってその起源は健全ですか

もう

最近

逆玉手箱開けすぎだよ

すずちゃん

それはマトリョーシカ

最後の人形が開けない

この短期間で

もう少し大きい人形を

沢山組み立てた

それと向き合うべきだった?

見つめすぎて穴が開いたりもしたね

何が権利で何が義務

ただ私は頑張る

存在意義ってそういうものだね

牛君

ほんとはちょっと酔ってる

ちょっとじゃないけど

ビールを飲んでマッサージしちゃうもー

神戸牛

すなおだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »