« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.26

まっすぐ

今日は家族でホテルにごはん食べにいった。
ホテルの金券が明日で期限切れちゃうんだって。

お姉ちゃんもちょうど帰ってこれて、
とってもたのしかった。

両親と三人でいても楽しいけど、
やっぱりお姉ちゃんがいると
四人それぞれの本来の役割が現れるようで、
なんだか幸せ。
これが長年一緒にいた家族なんだなあと思う。
兄弟が結婚して新しい家庭を持つと
親でもないのにさみしいきもちは、
これだなあと思う。

でも二人きりになったとき、
私ふられたんだーって言われた。

二年前に同じ職員室の人が気になるとは聞いていて、
突然この間のお正月に、
年末その人と一緒に映画を見に行ったんだけど
メールとかした方がいいのかな?とか
相談された。

姉は強くてまっすぐだから、
何かかよわくてあぶなげ。
でも本当に素直で。
なかなか周りの人はわかってくれないみたいだけど、
本当にかわいい。

ちょっとぽっちゃりぎみだけど、
とっても美人だとおもう。
けどそんなんだから、
大学卒業して以来なかなか彼氏ができなくて、
というか不器用みたい。

私がメールの文面考えただけで
感動したりしてた。

だけど、ふられちゃったって。

それを聞いたときは、
告白までできたんだ!よかったね!っていいかけた。
でも、またなにか言いたげ。

なにもなかった訳じゃないんだ、って。

こっちだって付き合えるって思っちゃった
でも、そのあとに何か燃え上がらないから、って。

私は色々言いたいことがあった。
でも、お姉ちゃんならそれは考えられないほど
傷ついたと思う。

だけど好きだったから、
思い出してしまうんだ、って。

本性がわかってよかったじゃん、
付き合えなくてよかったねーって。
ただ共感して、慰めて、思ったんだよね。

まっすぐで素敵だって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.25

3年前

明日、うちの大学では前期試験らしいです。
何日あるのか知らないのだけど、一日かな?

私は前期試験は二日間だった。
25・26の二日間。
24日に下見に行って、4年生の人に案内してもらったりした。
2日目の朝に受験生と一橋生でごった返す正門の前で話しかけられて
ただ一言、頑張って、と言われて握手をした。

涙があふれて、そこで初めて
憧れを憧れで消化しようとした自分を恥ずかしく思った。

あの頃の気持ちはこのブログにもしっかりつづってあった。

間違った選択だとは思ってないけど、
根本的に何かを間違っていたかもしれない。
でも大学に入ることはゴールではないよ

って

受かってないなら意味がないじゃん、と言われると思う
だから私はあの受験が私にとってとても大きな意味だったことは
もう、言わない、あの時を共有した人と懐かしむこともめったにない。

だけど私の中ではいつも思い出される。
夢を夢のままでずっとかなえさせたいと思う人生も
それはそれでありだと思った。

それはあきらめじゃなくて前向きな選択として。

あんまりうまく表現できないけど、
かなえられないからといって落ち込むような夢ばかりではなくて
ただそう夢見るだけでもその先の人生や世界観は変わると思ったから。

だからあの頃があってよかったと思った。

めちゃくちゃな論理を公表して、
好きな風にふるまって
喜んだり、悲しんだり
共感したり、他人の発言に勝手に励まされたり
それはもう本当にめちゃくちゃで
でも、強かったと思う。

強さはときにもろくて、優しさはときに弱くて乱暴で
でも私は強さからくる優しさをずっと持っていたかった。

つい最近、あの頃の私をねたんだりしたけど
しっかりそれはわたしのなかにあるよ。
いろいろ考えて行動して、そうおもえた。

言動は皆成長して色んな環境におかれることで
標準化されていく。
それはつまらないかもしれないけど安全になっただけで、
でもそれは本質が変わったわけじゃないんだよね。

みんな素敵だと思う。

正しい道を選ばなかった、と後悔したこと、あれからたくさんあった。
でも今はない。
すべてがあってよかった。
そういう意味では後ろ向きに歩いていても、
戻りたいと思ったことはない。
いつも後ろを踏まえての明日が楽しみなんだと思う。

これからまたなにか後悔したりするかもしれない。
でも再びこうやって選んだ道を正しくしていけたらいいな。

たぶん、そのひはちかい。
私はもうすぐ後悔することに出会う。
もうわかってる、どういう形になるかはまだわからないけど。

うまくいくといい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.24

ふつか

こんなに心躍りつづけた2日間、久しぶりどころか初めてかもしれない。

だけど視界はぼやけることなく、はっきりとした。

なんか、寿命縮まりそう。

東京は、舞台とかもだけど、
クラシックコンサートがたくさんあってていいなあ。

関西だと、舞台とかは結構あるけど、
意外にクラシックコンサートがすくなめ。
のような感じがする。

4年生になったら旅行したり、山に登りたいと思いはじめたのは
私に変化があるからかなあ。

変化は変化を呼んで、
今私すごく幸せだなあ。

こんなに幸せなら私はどこだって行くかも・
どこにでもこんなことがおきるのかはしらないけど

でも大阪に行くのは少し怖い。
心があまりにも動きすぎて、
健康的じゃないね。

ていうかビールってなんでこんな酔い方するんだろう?

アルコール度数低いのに、
絶対私ワインのほうが酔わない気がする。
あわないのかな?

全然言葉が出てこないや。

とにかくむねがいっぱい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.18

つき

たった今帰宅したら、キーボードにTがなくてびっくり。

でも探す前に、切れちゃった携帯の充電を始める前に、
今日の月が綺麗だったことを書きたい。

曇っていて空はどことなく上品な紺色だったけど、
それにあわせて月は上品な淡い黄金色だった。
丸く切り取った穴から明確に光が透けるみたい。

いつの頃からか、
私にとって月はすごく縁起がいいものになっていて
下弦の月は今でもすごく心奪われる。

だけど、今日は満月。
自転車の鍵を付けて顔をあげたら
そこに月はあって、
ああそうか、と思って
何かを思い出そうとした。

でも私にとっての下弦の月は何かわからない。
多分もうずっと思い出せない。

だけどその名残は確かに残っていて、
それだけで思い出なんだと思う。

そういうことは覚えてないだけできっと私の中にたくさんあって、
どんな形でも大切にしていけたらいい。

月に思いをはせる人は
他にもたくさんたくさんいて、
思い思いの心や祈りを
意識してか無意識にか、月に託しているのかな。

今夜の満月を綺麗だと思った人と
何かを共有できるわけじゃないけど、
私が祈る人たちも月を見てくれたらいいなと
漠然と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.15

仕事とか結婚とか

この前送別会で就活の話から、育児と仕事の両立の話になった。
隣の女の子は子供産んでも仕事続けて育児は実家に任せたいって。

だけど、私は嫌だなと思った。
そもそも私は地元就職しないだろうから預けることすらできるかわからないけど、
両親は多分任せたら、いいよって言ってくれると思う。
でも私は親としての責任感もあるし、そういう選択肢は嫌だな。
たぶん、両親ももし実家に育児任せるときは
認める前に、私の意見を尊重したうえでそういってくれると思う。
自分の家庭で育てなくていいのかって。

最近実家に帰れる時間か限られてきてるんだって思って
なんだか悲しくなるたびに、
今まで過ごした時間があまりにも短かったことに気付いた。
でも私はつい最近まで一人暮らしに憧れたりなんかした。
暇人のくせに、面倒がってたまにしか帰省しなかったり。

私が親になって、
子供と過ごせる時間が短すぎるのはもうわかってる。

私は仕事か、家庭かしか選べないと思う。
たぶんどっちもは無理だ。

だったら私は仕事がうまくいく限り、
結婚しないのかな?って思ったけど、
それはまた違うなと思った。

その送別会の時、みんなに
めっちゃバリバリ仕事してそうとか
海外勤務で頑張ってそうとか言われた。

こんなにみるからに適当で怠惰な人間なのに
昔から私のイメージってそう。不思議です。

でも確かに、結局日本に利益が還元されるなら
海外でも国内でもどこで働いてもいいなって思ってる。
将来の家庭を心配するみんなとはそこが違う。
それは楽観的で、無計画なのかもしれないし
逆に冒険的で野心あふれるものなのかも。
その良し悪しは結果論だから、今じゃまだわかんない。

育児との両立での結婚も、
海外勤務の結婚に対する影響も、
私にはまだわからないことなんだなあと思った。
みんなと違って私はまだ選択肢としてみていないのかも。

つまり、私がその時下す決断なんて、
今の私にはわからないわけだし、
だったら今の私はたくさんの選択肢を取っておきたい。

仕事がうまくいってても結婚するかもしれないし、
仕事しながら子供作って仕事をつづけるかもしれないしやめるかも。
海外勤務してるけど日本で結婚して旦那さんおいてくかもしれないし
それが嫌と思えば仕事辞めちゃうかもしれない。

だって今の私には何とかなるとしか言えないもん。

幸せな道を選ぶんじゃなくて
歩んだ道を幸せだったと思えたらいいな。

その都度納得できる結果を出せるような自分と、
結婚相手と、仲間がいたらいいな。
うん。

人はみんな生きる意味とか考えるけど、
結局楽しくやっていけばいいって結果にたどり着く。
時々何かあって立ち止まってはまた考えたりするけど
ずっとずっと考えるわけじゃないのかも。
でも私はいつまでも考えていけるといいな。
今みたいに毎晩自転車こいでそんなこと考えて
楽しくいられるといいな。

ちょっと、むずかしい。

私には誠実や、納得って言葉がとても大切で、
だけどそこだけは納得いかなくても誠実じゃなくても
ただ素直でいられるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.09

 

 

どうしたんだろう。
最近の私は何かに心を奪われている気がする。

なんかおかしい。

何か落ち着かなくて、
でも何が何の原因なのか全然分からないよ。

私は人に夢を託したり将来を託したり想い出を託したりしてる。
でもなにもかもかわってゆく。

だけど、いま私がしたいことは、
今までしたかったのと何も一緒じゃない

だから、今から脱却したい。
なにもかもをかえたい。

今の私から落ち着くんじゃなくて、そうしたい

頑張りたいことは昔からたった一つだけ。
わたしはなにもかわってない
かわらずにいていられてる?
かわることができてない?

ここから動いたほうがいい?
動かなくたって人は変われる?

ひとはさすらわなくたって、さすらうことができるよ。

他人との距離は、変わらないはず。
わたしもだれでも、そのままでいながらかわれるはず。

私の頑張りたいことはずっとその一つのはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.07

客観的

実は今日一食もまともに食べてない。えへ。
こんなんやってるとふとりますよ。
試験期間終ったらダイエットに取り組みたい。

今日アルビオンにマスカラの下地を買いに行った。
私結構ケチなので、化粧品は全部ちゃんと使い切るタイプなんだけど
なかなかマスカラって終わりがわかんないですよね。

私の友達はどんなに頑張っても2か月が限界らしいけど、
私はなぜか一年使っちゃう。

もうそろそろ買い替え時だな、と思ってから半年たったり。

でもさすがに一日たつとまつ毛が落ちてくることに気付いて、
やっと買いに行きました。

これ本当にすごいんだよねー。

でも最近よく耳にするのが
女の子はまつ毛あげないほうがかわいいっていう男の子の意見・・・

それ、私すっごくわかる!
私が女の子を見ててそう思う。

でも自分の話となるとやっぱり別よね。
自分がそんなにレベル高くないからというのもあるけど
女の子目線でちょっとイモっぽいけど可愛いみたいなのはあんまりないもんね。

というわけでまた優秀なマスカラ下地に助けられるのだけど、
今日は久しぶりにBAさんといろいろお話してきた。

肌がめっちゃ乾燥しててサンプルいっぱいもらった。
あと、フェイシャルエステの無料券ももらえた!

リクスー着てたら応援されるし、優しくしてもらえることが多い。
多感になってるので涙ぐみかけることもあります。
いや、おおげさじゃなくて・・・

やっぱり人間って年を経るごとに涙もろくなるじゃないですか。
こらえる強さも得ていくけど。

だって以前は出産シーンってあんまり感動しなかったけど
最近はちょっとニュースで見かけただけで号泣してしまう。
その気持ちは言葉できれいに説明できないけど、
おもしろいな~とか思います。

もともと映画の予告編で泣いてしまったりするタイプなので
ほんとに人と映画見るのは苦手。
な、くらい涙もろいみたい。

でも私こんなんでおばあさんになったら毎日感涙してるんじゃないかと
ちょっと不安になります・・・w

今日の説明会もだいぶ演出したDVD流してたなー。
涙ぐむほどはなかったけど。感動したよ。

でも四輪とか二輪とか、そのメーカーを志望しちゃうのはこわいなあ
個人的にすっごい志望度高くなっちゃうのは分かってるし
やっぱり特定の企業で、数が限られてくるし・・・

なんか自分の気持ちにセーブかけちゃいますね。

っていうとなんか恋してるみたいだけどw

たとえば恋ならよっぽどのことがなかったらそんなことしないよねー
何も起きてないのに諦めたりとか愚かなことだよね。

うんー・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.05

その土地

テスト勉強で疲れがたまっていたのか、
今回はいつもの大阪行きほど歩いてないはずなのに
今までで一番足裏がこわばりました。
(いつもなぜか大阪は無駄に歩き回ってしまう)
ほんとにぎりぎりだったー。

今回は本当に本当に楽しみにしてたセミナーで
その期待通りすごく楽しいものになったんだけど
まだ採用人数が発表されてないから、
ほんとにその特別枠に応募するかはわからないな。
自由応募とどちらかしかだめらしくて。

だけど本当に私、供給側に回りたい!って思います。

バイクは勧められるがままに免許とっちゃったけど
みるみる興味持っちゃって
私の人生かなり変わったのかも。

趣味は別にないわけではなかったけど、
なんか世界観が変わった感じがするんだよなー。

ライダーさんの気持ちって本当に面白くて、
たとえばホンダのバイクは安全で信頼の厚いマシンで
カワサキのバイクはちょっと信用できないようなマシン。
これが四輪なら普通に前者がいいと思われると思うけど
ライダーさんの情熱としては、「乗りこなしてやりたい!」ってのがあって
それをかなえちゃうのは後者なんだよね。
でも二輪は四輪より危ないので前者のスタンスも大事。

ホンダ自身としてもそれはわかってるみたい。
ときに「つまらない」って思われがちって。

でもレースでは一位になるんだし
そういう差別化も当然ありなんじゃないかなー

という意味で、私はカワサキ好きから入ったけど
ホンダのスタンスで供給側にまわるのも憧れます。ね。

欧州やアフリカを攻略するのももちろん重要だけど
私的にはやっぱりアジアのバイク文化を意識しちゃうけどね。

とまーいろいろ考えました!
バイク文化ってなんだろうってね。

あとホンダに入ったら海外営業が多いってことにも
いろいろ考えましたね。

なんかー
人に会うってこんなに楽しかったかなと思ったのね。
それは普通に会った人が素敵だったり、
期待があったり、
ご飯がおいしかったり?(共有する環境として)
そういうのも普通にあるんですけど、

私って近くにいてすぐ会える人に会いたがらないのかなって。
あ、無意識にね。

まず、近いと会いたいってすら思えないのかもしれない。

私、年賀状とか暑中見舞い書くのが大好きで。
でもいつも会う人には出さない。
帰省した時しか会えないような人とか、
そういう人にしか「出したいな」って思わないのかも。

結局私って自分に自信がなくて、
無意識に「私は会いたいけど、相手はそうでもないだろう」って思って
会おうという気持ちが起こらないんじゃないかな。

でも、遠くにいる人だったら
そこを訪れたときだけ会えるから、
たとえ迷惑でもそれを口実に会ってくれるだろうって
思ってるのかもしれない。

なんか自分の気持ちなのに
自信なさげに書くのも変だけど、たぶんそう。

だって、アウェーについたとき、私気持ちのスイッチ切り替わるもん。
そんな感じする。

そう思うと私ってすっごくずるい人間なのかなって思えた。
わかんないけど。ちょっとかなしい。

自分に、自信はあるはずなんだけど、
なーんか根本的な何か自信がないのかなー。
そういう意味での社交性はずっと形成されないのかなー。

だから、私は地元就職とか、したくないのかも。
全国転勤とか、むしろしたいのかも。

なんかいやらしい考え方な気がする。
思いやりの心がない感じがして・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.02

すなお

こんな時間ですが、朝早いわけじゃないです。
夜遅くなってこんなことになりましたw

明日、というか今日、というか数時間後にはテスト。

今日は今年度最後のゼミだったのですが
全然実感わかなかったです。

なんか信じられないです…

というか就活してるからどうもメリハリがなくて
春休みがくるというのも信じられないw

なんとなくゼミの女の子を誘ってめんちゃんこに行ったんです。

そのあと女の子同士二人でコンビニに行って
初めてまともに就活の話をしました。

福岡で地元就職したいんだって。
しかも総合職じゃなくて一般職もしくは担当職。
やっぱり全国範囲での転勤はちょっと、ということらしい。

私もできればそうしたい。
福岡で就職して、転勤しなくて、
しょっちゅう実家に帰れるような…

だけど、違うんだよね。
実家に近い距離にはいたいけど、ただそれだけで…

何が私をそうさせているのかわかんないんです。

院の話だってそう。
今はあまり考えてなくてぴんと来ないけど、
自分の気持ちの赴くままというか、
そういう動機でそういうこと言ってる。

自分の気持ちに素直でいることって、
私以前から意識してることの一つなんだけど、

このまえそれを電機メーカーの説明会でワークシートに書く機会があった。

「自分の気持ちで素直にいるためにどうあるべきか?」

気持ちの赴くままじゃ、自分勝手になったりする。
誘惑や欲望に負けてしまったりする。
でも、気を遣ってばかりでは自分や周りに嘘をついてしまうかも。
その節度って難しいけど、
結局そんなの後にならないとわからないし
将来、「あの時の判断は正しかった」って
納得できるような行動をとればいいんじゃないかなって、
ずっとそう思ってきた。

そしたらもしその行動が悪い方向に働いても
後悔は残らないんじゃないかなって。

でも今じゃわかんない。

あまりにもはざますぎて、大きい問題だし、
難しいな。

夢見がちなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »