« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.25

日が長くなりました

九州は特に暗くなる時間が遅いのでしょう。

でもこれが私にとっての普通だから

明るいのが好きな道産子にうらやましがられても

っていうのはあるですよねぇ。

ここ が絶対的であると。

自己中心性なんて言葉を取り込んだ評論を高校で習っておりますが

この言葉は発達心理学者のピアジェによるもの。

非常に代表的な学者だと思うけれど

知らない人は知らない。当たり前ですよね。

知っていることを誇れるわけでもない・・

そのピアジェの語ったことを学ばぬまま

ピアジェの語ったことを抜粋した評論を

高校生に読ませる意義があるのでしょうか。

いえ、ないはずないのです。

私も、知っていたとはいえ、学んだわけではない。

学んだとしても、その人もピアジェの全てを分かったわけではない。

知らないことをかいつまむのは私自身好きなことです。

最近は傾向も変わった気もしますが、新書などがそうかな・・

専門的なことをかいつまむ。

大抵は少しばかりかじってないと分からなかったりしたり、

初めは読んでいても難解に感じたり。

でもそれは初めて新聞を読み始めることと一緒。

専門的なことを非本格的に取り込もうとするのは大いに意義があることだと思う。

だけど、高校生が新聞を読まない社会。

構わない、とも、思ったりする。

それ自体は、という意味で。

大学入試に使われる評論は、高校国語に比べて次元が高いと言われる。

そこには大学教授の無知だったり期待だったり・・が含まれていて

高校生は慣れない文章に戸惑うのだろう・・

ピアジェなど専門的なことを高校生が取り込むこと。

"自己中心性"を違う風に取り込んだ友達がいて悲しかった。

だけど私も彼女も、若い。

私も、きっと違う風に取り込んでる。

・・と言う風に、ジレンマを押さえ込もうとしたりする自分がいる。

「高校生は言葉を振りかざす」

こう主張する男性と話をしたことがある。

彼はそこに関してはいわゆる浅はかな方で、

だけどそれでこそ、この、ある意味な"真実"を指摘できるのだろうなと思った。

彼は後悔したことがあるのだと思う。

高校生でなくたって言葉を振りかざすことは出来る。

だけど大人になって、学生の時よりも真実に近づけたとき

学生の頃の自分を恥じるのだと思う。

私がそうだもの。

1日前だって恥じられる。

だけど日記を記すんだ。いや、だからこそ。

はじれるほど成長しているから。って、思いこみたいから。

彼の言葉をもう一つ覚えてる

「母国語能力が完全に付いたとき初めに習うべきは倫理だ」

"どうかな。"私はそう答えたけれど。

.

母国語能力が完全に付く事なんて・・

・・あり得るならばそれはある程度文系学問が身に付いてからの話かもな。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007.05.05

久しぶりの感覚

でしたねぇ。

1日目は空港まで迎え行って

いい天気の中江津湖のすみっこで木に囲まれて夕方まで過ごして

箱入り娘ころんはおとなしく帰りましたw

.

2日目は朝から迎え行って

豊肥本線で立野へ。

南阿蘇鉄道に乗り換えて阿蘇白川へ。

渓谷を見て少しばかりはしゃいでしまいましたがw

1日目とはうってかわってあいにくの雨。

阿蘇白川駅付近を3時間傘一つで散策。 ぐはー

途中だご汁を食べに店に立ち寄りました

そこに止まる車のナンバーを見て

私「うわー名古屋から来てる」

彼「あっあれは大分だ

  あ・・大分って隣の県かw」

海を越えてきた実感がないんだよって・・・w

そうですよねぇ、本州から見れば海外ですよねぇ(違

水源は車での観光客がいっぱい。

鉄道利用者も決して少なくはないんだけど・・ね

自動車免許を持たない都会人な彼は

それに不満を言わない私が嬉しかったと後日談。

正直その発想はなかった・・・・w

熊本に戻って映画を見ました。

バベル。

個人的には好きな映画ですよ。

ヒューマンドラマの形を取った世界は一つ、ニューボーダーを訴えた映画

私はこう認識していいんじゃないかなと思いました。

彼は映画よりもドラマとして制作した方が良かったかなぁって

それも確かに・・と思う面も・・

フランス映画的なものが好きな方は良いかも知れませんね。

.

別れ際はお互いまるで明日も会えるような感じでした。

「また来るから」「社交辞令は要らないよw」

のノリ・・

.

こうだからお互い気が楽なのかも知れません

初めの頃から慣れ親しみすぎた恋人のようなやりとりでw

だけどあくまでやりとりだけで。

言いたいことはきちんと言えて。

伝えたいこともきちんとささやける

この異常なまでの気のあいようは

やっぱり貴重なのかも知れないと思った2日間でした。

.

尊敬とか慕情とか?

なついている男性好んでいる男性は沢山居る

その人達が異性である必要は・・なきにしもあらずだけれど

そういう気持ちは同性に限らないとも思ってる

.

だけどこればっかりはその必要があるのかも知れない

.

相手が大人だ、と私がセーブかけるという変な話もあったけど

大切な2日間でした。

そんなゴールデンウィークでした。

まだまだ続きますけどね

素晴らしいゴールデンウィークを。

.

今日は応援団の練習がなくゆっくりしようと思ったら

姉が出掛けたがってますけどね・・w

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.05.01

大型連休来ましたね

いかがお過ごしですか

.

髪切った のです

ずっと伸ばしてた前髪も少し短くした のです

.

重くしていたのもあってくせ毛が悲惨で

ストレートパーマをかけたものの

その後のカットでかなり軽くされた模様です

.

周りには褒められた

.

というか

.

印象変わったとか

更に色っぽくなったとか これはネタw

.

うーん

.

.

じつはGWということで

地元の方に来客があるのです

.

午後半日と一日・・

.

箱入り娘なのであまり遅くはいられません

箱入り娘なので出掛けることも秘密なのです

.

うはー

皆さん秘密ですよ!!!切実!!!  ww

.

一日目午後は

熊本城と江津湖と水前寺公園とタイピーエンですね

忙しいですね

多分全部は無理ですね

.

江津湖は思い入れがあるというか

1人でも行くくらいなので是非是非なのです

.

.

二日目は・・

時間制限は辛いことです

8:00~18:00

.

白川水源・・

あはは 無理だろうなぁ

多分グダグダと1日が終わってしまうんでしょうね

知り合いの目に触れないような

それこそ旅の恥のかきすてのような

そうな場所に少し逃避しようと

そう思わせるような

相手ともうすぐ会うのです

.

.

.

少し怖いかな。      何がだろ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »