« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.28

恥に思う心が強すぎて自分に嫌気がさすときがある。

だけど、最近そんな自分に安心することがある。

最近、学校の先生に誤解されて坊主の刑(w)にかけられそうになっている人を知っている。

彼は誤解をかけられることよりその罰内容の方がいやなんだ

「坊主にしたくない気持ちが見える状態で真実を伝えようとしても説得力がないんだよ」

そう言ったけれど…

そういう次元の悩みじゃなかったんだよね。

どうしてもっと誤解を嫌に思わないかなあ。

罰ばっかり恥じて、他にもっと恥じるところがあるんじゃないかなあ。

日常的にね、周りに思うこともあるんだ。

どうして、やる気のないところを見せて恥に思わないんだろう…

やる気のない態度が、かっこいいんだろうか

私は自分が嫌になるくらいの、みっともない恥を持っても、それでも誇れる気がする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.14

わたしの、

関西と、関東と、東北と、中部と。

全国津々浦々に別れる7人の私の仲間。

目指すものは、上京で、

東大の、あらゆる学部と、一人は防衛大かもと悩んでる。

私は唯一、一橋だと言ったけれど。

でも、誰もきっとまだ届くところにはいないんだ。

私なんて、こんな所だから言えるけれど、

大きな声で公言できる位置にはまだいないんだ。

東大や一橋や防衛大に受かる人。

半数はきっと決まってしまってるんだ。

100%とは誰に対しても言えないけれど、

全国でそれらの大学に確実に進学できる人たちはいる。

私は、その中には入ることが出来ず

きっと残りの席を全国の誰かと分け合うんだ。

取り合うの…?

私たち8人の中で、未来が明瞭に見える人はきっといない

でも誰よりも

不安が少ないと思うんだよ。

希望に対する視点がずれても

本当に希望する理由を知り合ったことで

焦ることはないんだよ。

私たちは、焦ることなく受験に望めるかも知れないよ。

それだけで幸せだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.06

理想を語って。

でも、それが公に出されるものであり、

また二方向に向けられるものであって、

一方には強く語りかけ、

もう一方には時に応じて語り方を変え

そうやってうまくやっていかなきゃいけなかったら

どうしていこうか。

語り方を変えていることを突かれるのは

痛い、怖い。

でも一方にだけでも理想を語り続ける方がいいんだ。

時にずるく状況逃れをする相手にも語り続ける方がいいんだ。

どうしていこうか。

ずるいことをするって、公言できるはずがないよね。

公言できる人はずるい、美味い立場にいるんだよ。

汚くてもいいんだ。

理想は泥の中にいる方がいいんだ。

そういう風に憲法九条のこと考えてんだ。

ずるいよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.10.01

うぃんたーかみんぐ

安倍さんは今日散髪したらしいよ。いや、ほんとだってば。

冬がやってきますねえ。

もぅわくわくして仕方がありません。

髪を切りたくなるんですよね。

夏よりも襟の詰まった服を着ることが多くなるでしょ。

でも切らないぞ!耐える…ww似合わないんだもん。

だいぶ冷えてくると女子高生は黒タイツをはくようになるけど

どうも黒タイツはあの履き心地が苦手で、(ぴたーっ感じw)

断然白靴下派だったころんなのですが、

去年ある出来事で、黒タイツ派へと転身いたしました。

バスの中でめっちゃ素敵な女子高生が黒タイツをはいてた、それだけですw

-2005のころん↓

白靴下、コートは着ずにマフラー着用

2006のころん↓

黒タイツ、コート着用、手袋装着   マフラーは着けない。

予想ですがw

手袋してると色々不便なんだけどねw

冬が来るぞー♥♥♥♥♥

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »